レビトラとは

レビトラ

レビトラは国内でバイアグラの次に販売が開始されたED治療薬です。
バイアグラの欠点であった副作用を抑え即効性を強めました。
医療機関のみでの処方となりますが、保険適用外となり全額自己負担となります。

そのため最近では個人輸入代行によって安価で購入できるレビトラジェネリックの販売もさかんに行われています。
販売当初は5mg・10mgのみの販売でしたがその後20mgの販売も開始されました。
ただし、20mgだと人によっては効きすぎる可能性があるので10mgから服用することをお勧めします。

レビトラの服用方法

薬を飲む男性

主成分のバルデナフィルは水に溶けやすいため、体内への吸収がはやく効果も30分ほどで現れます。
そのため性行為の1時間前に服用することで効果を得ることができます。

食事の影響は受けにくいですが、カロリーの高い食事や、脂肪分の高い食事をとると効果が落ちる可能性があります。なるべく空腹時に服用することで薬の効果を最大限に引き出すことができます。

注意としては服用すれば勃起するわけではなく、性的刺激を受けなければ勃起しないということです。
あくまでも勃起の補助ということです。また、媚薬などとは違い性欲を増幅させる作用はありません。

レビトラの副作用

目が疲れている男性

顔のほてり、目の充血、頭痛、鼻づまり、など他のED治療薬と同様です。
ほとんどの人にあらわれるもので、薬の効果によるものなので、あまり気にする必要はありません。
頭痛が気になるときは市販の頭痛薬とも併用可能です。
またごく稀ではりますが、光の過敏になる場合があります。
作用時間中に症状が治まれば問題ありませんが、症状が長く続く場合は医師にご相談ください。

自分に成分が合う合わないによって副作用の現れ方も変わってくるので自分に合った薬を見つけましょう。

レビトラを服用できない方

ばってんをする医者

硝酸剤、抗真菌薬(ケトコナゾールなど)、HIV治療薬、不整脈薬、アデムパスなどとの併用が出来ません。
併用すると最悪の場合も想定されるので服用している薬がある人は必ず医師に相談してください。

またグレープフルーツとの相性が悪いので服用前後には摂取しないようにしてください。
不整脈、心臓疾患、肝障害、低血圧、高血圧を患っている方も服用を控えましょう。

その他にも持病、常用している薬がある人は医師に相談の上で服用してください。

ED治療薬